FC2ブログ
毎週木曜日、小川町べりカフェにて体に優しい穀物菜食のお店「愛菜食堂」をオープンしました!今秋にはカフェ兼新居も完成予定☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父のお見舞いに行く予定だった日の早朝、姉から電話があった。「お父さんが危ない・・」
まだ寝ていたリョリーは義父母にお願いして、あおぽんと一緒にすぐ病院へ向かった。
病院に着くとロビーで姉が待っててくれた。どんなに急いでもお山のお家から1時間弱はかかる。
間に合わなかった・・。すぐに父には会えず、全然実感が湧かない。しばらくして、体を
綺麗にしてもらった父が帰ってきた。白い布に覆われている。一緒に霊安室に行った。
やっと対面できた父はとても安らかな顔で眠っていた。私が最後に会った時は入院生活が
嫌で嫌で「早く家に帰りたい」「今すぐ連れてってくれ」「院長に話してすぐ退院させてくれ」
「もうここにはいたくない」・・ずっと文句を言っていた。もうその文句も聞けない。
やっと実感できたら、泣けてきた。ここの所、運動会や吉村先生お泊り講演会等で
忙しく、お見舞いにも行けずにいた。一時はリハビリして退院出来そうなくらいだったのに。
いくら悔やんでももう父は帰ってこない。

あおぽんは「じいじ寝てるね」「起きないね」・・と顔を何度も覗き込んだり、
お線香もたくさんあげてくれた。「じいじ、のんの様になっちゃった」と話したけど、
わかってくれたかな。家に帰って折り紙で風船ややっこさんを一緒に作った。リョリーが
奪おうとしたら、「じいじにあげるんだからダメ!」と怒っていた。園で作ったどんぐりの
ペンダント、お気に入りで家でもいくつか作ったので「じいじに一つあげようか?」
と聞くと「うん。いいよ!」と言ってくれた。お見舞いに持っていった折り鶴と一緒に
お棺に入れてあげよう。あおぽんは自分なりに解釈したのか、パパには「川越のおじいちゃん
ね、死んじゃった」と話していた。幼稚園では先生に「おじいちゃん、亡くなっちゃったの?」
と聞かれ「じいじ死んだ」とだけ答えたらしい。子供たちが無邪気で元気なのが
とても救いになる。

父が亡くなったのは地元のお祭りの日。「お祭り行きたい!」と騒いでいたあおぽん。
翌日はリョリーも一緒に実家へ父にお線香をあげ、午後お祭りに行った。
どこもかしこもすごい人。私が子供の頃はこんなに観光地化されておらず、来るのは
地元の人たちが主だった気がする。屋台もいろんなのがあって、子供たちは目移りしまり。
父と一緒にお祭りに行くことはなかったけど、ばったり会うことはよくあった。
お祭り、好きだったなぁ。そんなはずないけど、なんかまたばったり会うような気がして
仕方がなかった。ヨーヨー釣り、宝石すくい、くじ引き・・お面は姉に買ってもらい、
人混みをかきわけてやっと帰ってきた。

私は父が50歳の時の子。幼い頃一緒に公園に行っても、大体はおじいちゃんと間違われた。
そんなことはどうでもよかったけど、子供心に「他のお友達のお父さんやお母さんよりも
早く死んじゃうの?そんなのヤダ!」とずっと思っていた。小学生の頃は父と2人で旅行にも
行った。長野の松本城で喧嘩して、しばらく別行動したり。。中学生の頃は私の中学に
非常勤講師として父が来た。直接授業は受けなかったものの、職員室に行くと会うのが
嫌だった。任務終了の時には全校生徒の前で挨拶・・何を話すのかと思えばいきなり校歌を
歌いだした。私は恥ずかしくてまともに見れなかった。。結婚式の時は披露宴の余興で
「娘よ」を歌っていた隣組の方のマイクを父が奪って、途中から歌い出した。
とても恥ずかしかったが、父らしいなと思った。マイペースなところ、私は父に似てる。

あおぽんは昨日耳痛騒動で病院にも行ったが、今日は元気に登園した。十三夜でお団子を
作って食べ、明日ひもかわパーティーで焚き火をする枝をたくさん拾っていた。
ひもかわパーティー後早退して、明日あさってと斎場に泊まる。父に最後のお別れをしに
行ってきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お父様、ご愁傷様でした。
心からご冥福を申しあげます。

お姉ちゃん、耳治ってよかったね。
十三夜とひもかわに参加できてよかったね。

小さい子連れで大変だと思うし、斎場も寒いかもしれないので、風邪などひかれないよう、くれぐれもお気をつけてお別れに行ってきてくださいね。

2007/10/24(水) 11:28 | URL | #-[ 編集]
お父様のご冥福をお祈り申し上げます。
2007/10/24(水) 14:21 | URL | syouko #-[ 編集]
お父さんのご冥福とともにご家族の慰めを祈ります。

2007/10/25(木) 22:32 | URL | けりー #-[ 編集]
お父様に安らかな時がおとずれていますように。
ご冥福をお祈り申し上げます。

あいmamaさん、大変なときだと思いますが体調を崩さぬようお気をつけ下さい。
2007/10/26(金) 08:59 | URL | わかめ #-[ 編集]
御冥福をお祈りいたします
ひさしぶり!ブログはいつも読ませてもらってます。だから、あいのことは身近には感じているのだけれど。お父さんの訃報、読みました。心からお悔やみ申し上げます。かわいい孫ふたりに会えて、あいのことも安心していたのだから、幸せだったと思うよ。残されたお母さんをより大事に、ね!
2007/10/28(日) 20:13 | URL | ゆかり #-[ 編集]
みなさま
かなりの亀レスすみません。
おかげさまで元気でやってます。
ふと思い出して悲しくなったりもしますが、父に感謝の気持ちを忘れず日々を過ごしていきたいと思います。
ありがとうございました。
2007/12/05(水) 05:21 | URL | あいmama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aopanman.blog16.fc2.com/tb.php/387-dde34534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。