毎週木曜日、小川町べりカフェにて体に優しい穀物菜食のお店「愛菜食堂」をオープンしました!今秋にはカフェ兼新居も完成予定☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「NPOチェルノブイリへのかけはし」野呂美加さんのお話会、無事終了しました。
宣伝期間も短かったので予約もスローペースで心配しましたが、当日参加の方も多く結果90名を超える方々に来て頂きました。みなさん、本当にありがとう!

野呂さんのお話はユーチューブで見ていたものの、実際に聞くとやはり衝撃的でした。
でも負けてはいけない。絶対あきらめないで、お母さんにしかできないことがたくさんある。
発酵食品、酵素、EM・・
でも一番大切なのは愛、子どもを抱きしめ愛してると伝えること。
放射能に対する危機感は持ちながらも、子どもには愛を伝え、前向きに行動する。
このバランスが難しいけど、とても大事なことだと思いました。

野呂さんは本当に多忙で、喉も痛めているご様子でした。
でも講演会後にオーガニックカフェぽっぽの木に寄って頂いて、手回しオルゴールと手作りケーキでしばし癒しの時間を過ごされ、こんなに素敵なツアーは初めてでした・・と喜んで帰られたとのこと。
私は時間も遅かったので最後までご一緒できませんでしたが、本当によかったです。

涼の保育園では311から原発のことを真剣に考えて対策を練り、給食に使う食材も心配のあるものは避けたり、お散歩で恒例の野いちご狩りや雨のあとのプールは見送ったりして頂いています。
今回のお話会のお知らせのお便りや、翌日には副園長先生が講演会のまとめを作って配って下さいました。
講演後には野呂さんの付き添いの方に園内の数値を測って頂き、心配するほどの数値ではないとのお話を聞いて、本当にホッとしました。
園長先生も数値が高かった場合、園庭をどうするか・・具体的に考えられていたとのことでした。
お礼をしに伺った時、園は本当に子ども達のことを考えて対応して下さっているから、安心して預けられます・・と伝えて泣きそうになりました。
だからこそ学校に上がった時のギャップがとても激しいのだけど・・
園長先生からは、学校給食が心配です。校長先生にもお会いした時にお話しておきました・・と有難いお言葉。
ときがわ町の給食センターでも福島県産の野菜を使っていました。
風評被害ではなく、支援は別の形で。
長野県松本市のように、「内部被爆ゼロ給食」を目指して声を上げていこうと思います。

碧の仲良しのお友達の作文です。

3月11にしじんがありました。
おとうさんとおかあさんは3月11日はじしんの日から、2日すぎたあとから いつもげんぱつのことを話しています。
わたしは「もうげんぱつの話はやめて」といつもいっています。
わたしの思っていることは まえからげんぱつのことをしんぱいしてなければいいのにな。
そうしれば 3年1組のみんなとおなじなのにな。と思っています。
でもこのお話はわたしのことを守るからだと思っています。
でもわたしは そうゆうことで三年一組のみんなにいじめられていません。
いつもお話してるから わたしはげんぱつのことをおぼえてしまいます。
でもわたしは ぎゅうにゅうとかお魚を食べていないおかげで元気におとなになれます。
おかあさんとおとうさんみたいに わたしもおとなになったら 子どもをちゃんとまもりたいです



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れさまでした…
次々と開催希望がきて
次々と開催していき
とても追えない日々ですが
こうして開催した方の声を聞くと
ホッとします。
お疲れさまでした。
いい時間をたくさんの人に
プレゼントしたことでしょう。
2011/07/16(土) 09:33 | URL | emiko #-[ 編集]
えみこさん
お忙しい中、対応して下さってありがとうございました。
おかげで素敵な会になりました。
感謝です。
2011/07/23(土) 03:58 | URL | あいまま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aopanman.blog16.fc2.com/tb.php/490-9094c259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。